積極的に取り組む銀行のおまとめローン

銀行の顧客拡大の一環として、積極的におまとめローンを取り込む金融機関が増えています。貸金業法がまだしっかり確立していない時代にも似たような仕組みがあったものの、悪質な業者が介入しているケースがあり、必ずしも消費者の味方とは言えない要素が多かった。しかし、厳格な貸金業法の施行や過払い金請求が一般化してきた現在では、銀行系の金融機関が長期的な顧客獲得の一環として、複数の金融機関からお金を借りている人に対し、それらの借金を一括して返済するに足りる融資を行って、自行の顧客になってもらう仕組みを積極的に取り入れています。資金量の豊富な銀行であることより、一般的に借入金利息が低く信頼が置けるので、消費者にとっては救いの手のような存在です。


<リスクの大きいおまとめローン>

おまとめローンでお金を貸す側は、対象が多重債務を抱えている顧客であるだけに、リスクが大きく貸し倒れの危険性をはらんでいるので、審査基準はそれなりに厳しくなります。消費者側のメリットは、この審査に合格すれば借り入れ口座が一本化できるので、今までのように複数の金融機関の複雑な返済管理や残高管理がなくなり、場合によっては利息額も減るので、願ったり叶ったりです。

WordPress theme: Kippis 1.15