おまとめローンで気を付けること

おまとめローンでは、債務の一本化を行うことです。複数社からお金を借りている場合、返済日が何度もひと月の間にあることなどで、返済の負担が大きくなってしまいがちです。この返済日を一度にまとめることで、物理的な返済の負担と共に、何社からも借り入れているという心の負担も軽くするというメリットがあるそうです。しかし、借り換えを行うのであれば気を付けなければいけないこともあります。


借り換えだけで借金はなくならない

借り換えは、いくつかの借金を一つの返済にまとめるということを行うだけです。物理的にも心理的にも負担が軽減されますが、今まで支払っていた借金がおまとめローンを利用したことで、なくなるわけではありません。気分が軽くなって、また余計に債務を増やしてしまうような人はおまとめローンには不向きと言われています。自分は大丈夫かどうか、借りる前に判断をしましょう。


返済が長期になりやすい

おまとめローンだけで言えることではなく、すべての融資の返済にあてはまることですが、返済が長期に渡ってしまうと利息の負担が逆に増えてしまうケースがあると言われています。返済では残債方式という方法を利用する場合が非常に多く、まだ返していない借金に対して利息をかけて毎月返済を行います。毎月の返済額が低いと、なかなか借り上げ残高を減らすことができません。しっかりと毎月支払う利息や、完済するまでにかかる時間を計算してから審査の申し込みをしましょう。

WordPress theme: Kippis 1.15